マンションを高く売る

マンションを高く売る


元不動産仲介業者の山本と申します。

 

マンションを高く売る方法はありますが、お客さんに教えたことはありません。

 

それは私たちは「早く確実に売りたい」というのが本音だからです。

 

お客さんが「高く売りたい」とおもっているのであれば、ちょっと矛盾してしまうんです。

 

だから現役時代は言わなかったのです。

 

私達がチラシを近隣に何度もまいて反響が少ない場合は売主も弱気になりますね。

 

そうこうしているとマンションの値段を下げて売りましょうかとなります。

 

最初の査定価格は高かったのに安値でしか売れないことは良くあります。

 

こういったパターンでたくさんの不動産を売ってきました。

 

私は高く売れればそれに越したことはないけれども、それなりに早く売ることで成績を上げてきました。

 

 

つまり仲介業者は基本的に「早く売りたい」と思っています。

 

実はマンションを高く売るには鉄則があるんです。

 

 

その鉄則とは、価格を下げないことです。

 

不動産は流動性が低いので希望の価格で売るには希望の価格で買ってくれる人が現われるまで忍耐づよく待つことなのです。

 

その為には時間がかかります。

 

現実性のある上限の価格を知らなければなりません。

 

そしてじっくりと待たなくてはなりません。

 

宣伝するということも重要です。

 

できるだけ多くの情報を可能性のある地域へばらまくことです。

 

不動産仲介業者は値段を下げてみてはどうか?などと提案しますが無視するくらいで良いです。

 

不動産の仲介には一般媒介契約と専任媒介契約がありますが不動産仲介業者は間違いなく専任媒介契約を結びたがります。

 

ですが仲介契約は売主からすれば一般媒介契約の方が専任媒介よりも良いです。

 

売主が専任媒介契約を選んでも、「安くしないと売れない」ことを洗脳されれば急いで安く売る羽目になるだけです。

 

専任媒介契約のほうが、親身になって売ってくれそうな気がしますが高く売れる可能性は一般媒介契約で売るよりも低いです。

 

不動産仲介業者は値段を下げてでも早く売りたいからです。

 

マンションなどの不動産は流動性が低いので、売り方によっては取引価格は大きく違ってきます。

 

同じ物件でも、売れる値段に大きな差ができるのが不動産なんです。

 

流動性が低い分、価格差は大きいです。100万円くらいの差はザラです。

 

 

 

高く買ってくれる人はどんな人でしょうか?

 

どうしてもその家が欲しい人です。

 

近所の住民などが、事情があってどうしてもほしい人がいる場合もあります。

 

そういった人はすぐに現われるかもしれませんが、時間がかかる場合もけっこう多いです。

 

マンションが必要になるタイミングがあるからです。

 

これがマンションを高く売る鉄則です。

 

今の時代はインターネットがありますのでチラシはなくても売れます。

 

例えば「1000万円以下 マンション 地名」とかの検索でかなりの確率で売りに出ているマンションを見つけることができます。

 

つまり専任媒介者の営業力だけではなく一般媒介でも売ることができます。

 

 

じっと待つだけですから専任媒介よりも一般媒介の方がメリットは大きいです。

 

 

結局、マンションを高く売るには

 

複数の不動産仲介業者と一般媒介で契約し買主が現われるのを辛抱強く高値で待つことです。

 

複数の不動産仲介業者と契約することで洗練された情報を集め相場価格を知り、じっくりと希望の価格で売ることが家を高く売ることになります。

 

その為には不動産一括査定サイトを使うと便利です。

 

一般媒介できる不動産仲介業者と提携しましょう!


イエウール


>>詳細はコチラ


500万円差が出たこともあります。
損をしない為にも無料一括査定サイトを使いこなしましょう。


・全国で900社以上の優良不動産会社
・入力はわずかに60秒
・最大6社の一括査定で最高額がわかる

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」


イエイ


>>詳細はコチラ


イエイならマンションを高く・早く・確実の精神で査定を集めることができます。



・業界最多の登録数
・最短60秒査定
・悪徳企業は徹底排除!で安心保証
・万全のサポート体制

 


マイスミEX


>>詳細はコチラ


マイスミを利用すれば複数の比較が簡単にできます。



・査定依頼は無料です。
・個人情報は守られます。
・査定を比較することでわかることがあります。